デジタルデザインで出来るコト!

「無限の可能性を秘めた情報発信スキルを徹底的に学ぶ」
日常に溢れるCMやインターネットなど、これらはすべてデジタル技術を用いて表現されたもの。デジタルとアナログをバランスよく学び、映像やWebなど幅広いジャンルで適用する未来のクリエイターを育成します。

1分でわかるグラフィックデザイン科

1分でわかるグラフィックデザイン科

デジタルデザイン科での学びのポイント

  • POINT
    1
    3大メディア(動画・音楽・Web)共通のデジタル表現技術を学ぶ

    3大メディア(動画・音楽・Web)
    共通のデジタル表現技術を学ぶ

    ハリウッド映画で実際に使われているソフトを用いた3DCG・アニメーション・映像編集の技術を学びます。また、レコーディングスタジオとの提携やプロミュージシャンの指導による音楽制作、デザイン技術を活かしたWeb制作、イラストのデジタル化によるゲームプログラミングなどをマスターします。

  • POINT
    2
    企業とコラボする実践的なカリキュラム

    企業とコラボする
    実践的なカリキュラム

    サテライト実習では、音楽・Web・映像等に関する企業の宣伝ツール作成を請け負い、実践を通してスキルやお客様と触れ合う喜びを学びます。他にも、北谷町美浜でのライブをプロデュースするなど、よりリアルな体験ができます。

  • POINT
    3
    新しい未来を創るデジタル業界への就職

    新しい未来を創る
    デジタル業界への就職

    顧客が求める作品創りの徹底が、就職実績に結びついています。携帯電話(スマートフォン)や3Dアニメーション映画などで注目されているデジタル業界、プログラミングやサウンドがメインのゲーム業界、さらに広告、印刷などの業界への就職に強いのも特徴です。

入学から卒業までの流れ

入学から卒業までの流れ
1年次
3大メディア(動画・音楽・WEB)共通の
デジタル表現技術を学ぶ
1年次 デジタルカメラの使い方や映像編集ソフトの使い方などデジタルの基礎を学びます。
2年次
実践を意識した学習カリキュラムで幅広く活躍できる
クリエイターを育成
2年次 各コースに分かれ、より実践的な作品制作とより高度なプレゼンテーション能力を身につけることで卒業後もあらゆる分野で、活躍できるクリエイターを目指します。また、2年次後期より内定者実習を行う学生も多く、就職を意識したカリキュラムが特徴です。

グラフィックデザイン科の主なカリキュラムと時間割例

授業ごとに期間を区切り短時間で集中的に学ぶカリキュラムで構成されます。
その時々に必要とすることを効率的に身につけることができます。

映像概論
企画から作品制作、映像が完成するまでの流れを把握し、映像加工ソフト・アフターエフェクトの技術を習得して、映像表現手法の幅を広げます。
サウンドクリエイティブ実習
音楽全般(音響、DTM、効果音、MAなど)を一つに網羅して、幅広く音楽業界で必要なスキルを学習します。特に音響実習などは実際のライブイベントを通して音響実践的内容となっています。
Webデザイン
Dreamweaver・Fireworksを中心にWebページを作成しつつコーディング技術を習得。 どの業界でも通用するテクニックを学びます。
Maya実習
3DCGソフト“Maya”の基本操作から“形を作る技術”を学びます。基本的なモデリング・スキル、レンダリングまでの一連の流れの知識を身につけ、CGでリアルな静止画像を作り出せる技術を学びます。
Webクリエイター能力検定試験
ホームページを表現するための必須スキルであるHTMLとCSSを習得します。また、基本的なデザイン能力も身につけ検定試験合格を目指します。
DTP実習1
イラストレーターやフォトショップをベースとした基礎トレーニングとなる課題をこなし、印刷の基礎から実践力を身につけます。
色彩学
色の決まりや調和、イメージに適した配色など、色彩に関わる職業に求められる知識・技術を習得します。画材やカラーカードを使用して配色演習や、色彩士検定の対策も学習します。
デジタルデザイン科 時間割

2年次からの選択コース

選択できるコース

SELECT COURSE 3Dゲームコース
3DCGソフトを使い、制作したキャラクターに動きを付けて演出します。手足の動き、顔の表情、3DCGアニメーションや3Dゲームキャラクターなどあらゆるシーンを表現する技法を学ぶことができます。
SELECT COURSE 映像デザインコース
実写合成技術、特殊効果を使ったデジタル編集技術を学び、TVCM制作やプロモーションビデオの制作といった映像分野に特化したデザインスキルや知識を学習します。
SELECT COURSE デジタルミュージックコース
ロジックなどの音楽編集ソフトを駆使して、楽曲作りを学びます。 アレンジ法やマスタリング作業など、音楽制作の一連の制作工程を学習します。
教材・画材
●MacBook Pro
本学科の必需品。卒業時にプレゼント!
●デジタル一眼レフカメラ
●WEB・3DCG・映像編集
 音楽用ソフト
教材・画材

デジタルデザイン科で使う教材や画材

デジタルデザイン科で目指せる職業・資格

Jobs

目指せる職業

映像クリエイター
テレビコマーシャルや映画、ゲームなどの様々な場面で流れる映像をデザインし、作り上げるのが映像クリエイターの仕事です。 豊富な映像コンテンツが次々と生み出される現代社会において、映像クリエイターの活躍の場は確実に広がってきています。
映像編集オペレーター
テレビ番組制作の映像編集をつなぎ、視聴者が惹きこまれるような演出をサポートしたり、出演者のコメントに合わせてテロップをつけたりと番組がより面白くなるために映像編集だけではなく、番組企画や撮影にも関わるお仕事です。
サウンドクリエイター
映画のサウンドトラックやゲームの効果音、携帯電話の着メロなど、さまざまなコンテンツで使われる音楽を生み出す仕事です。作曲に必要となるアナログ的な発想力はもちろんですが、コンピュータを操作するテクニックを習得することも求められます。
音響エンジニア
映画やテレビ、ラジオ、コンサート、舞台などで、音響効果のレベルやバランスを調整したり、機材の設置、レコーディング等を担当するのが音響エンジニアのお仕事です。ミキサー、PAエンジニアと呼ばれることもある音響のスペシャリスト。
Webデザイナー
Webページライティングやデザインを企画・制作を担当するお仕事です。 また、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを用いた、画像処理や写真加工も仕事内容の1つです。
CG(2D/3D)デザイナー
紙に書いたデッサンから、MAC・PCを使用してデジタルデータを制作します。 業界専用のCG作成専門ソフトのスキルが求められ、広告や映画だけでなく、建築や車、ゲーム・アニメーションなど様々な業界をまたいで仕事を行えます。

取得目標資格

Webクリエイター能力認定試験 Photoshopクリエイター能力認定試験 Illustratorクリエイター能力認定試験
色彩士検定など

# Students

デジタルデザイン科 在校生の声

IDAに入学する前や、入学後の学校生活を送る上で、
感じたことや学んだことなど、
リアルな体験談を交えながら学生が語ってくれます。

在校生の声へ
# Graduators

デジタルデザイン科 卒業生の声

社会人として活躍するIDAの卒業生たち。
社会に出て気づいたことや、仕事に対する姿勢など
”現場”を体験した声をお届けします。

活躍する卒業生を見る

学生作品