デザイン専攻科

Design Major

3年課程で学ぶメリット

1年次より自分の選択したコースで学べ、2年間で着実に専門的な力を身につけることができます。「デッサン」「プレゼンテーション」「色彩」などデザインに共通する科目については全コースで学べます。

コース選択
1年
基礎
2年
専門性に特化した実践
卒業

※「グラフィックデザイン科」「マンガ科」「デジタルデザイン科」「ファッション科」が1つの科になりコースで選べるようになりました。

学びのポイント
  • 専門性に特化した
    コースで学べる

    『グラフィックデザイン』『マンガデザイン』『デジタルデザイン』『ファッション』の4つのコースから1コースを選択、1年次から専門性に特化したデザインを学ぶことができます。「好き」から「できる」、そして「自信」につながることで卒業後は各デザイン分野に就職が可能です。

  • デザイン基礎力を
    学べる

    「見る」「聞く」の基礎的なインプット領域の授業から課題発見し、自ら考え仮説をたてることで、具体的な制作物につなげていきます。デザイン作業の基礎はインプット⇒シンキング⇒アウトプットの繰り返し。その基礎的な考え方を共有する場ではコースを超えて学ぶことで、様々な意見を吸収し自分を成長させることができます。

  • 多彩な学びに
    特化した環境をサポート

    4つのコースに8つの実習室を構え、平面から立体まで様々な「表現したい」を応援。それぞれの実習室に特化した専門の実務系教員からアドバイスを受けながら作品作りをします。作ること(表現すること)と考えること(プランすること)を両輪でサポートしながら業界で働くことを支援します。

グラフィックデザインコース専攻 赤嶺 早姫さん
「学びたい」という強い気持ちがあれば大丈夫!不安はすぐに無くなる。
これまで多少絵は描いていましたが、デザインしたことはなかったので、2年で身につくか不安でした。ですが、先生からアドバイスをもらったりクラスメイトの作品から刺激をもらったりして、知識やスキルをインプットしていきました。入学時は、機材の使い方や指導通りにモノを作ることが多かったのですが、今は課題に対して自分らしいデザインをすることが増えています。今だから言えますが、デザインを学んだことがないからと不安を感じている人はその必要はありません。学校はスキルを身につける場なので学ぶ意志があれば大丈夫です。
好きなことなら、どんどん成長できる!怖がらずにまずは始めてみよう。
映像やWeb、DTP、3DCG、音楽などを幅広く学習しています。中でも3DCGが一番学びに繋がりました。入学時、映像を作りたいという気持ちはありましたが、自分の得意分野が無く、さまよっている状態でした。そんな中、3DCGの授業を受けた時、自分で作ったモデルと実写合成したらすごく楽しいだろうな‼と、とてもワクワクしました。好きなことがあるなら、怖がらずにたくさんやってみた方が一番良いと思います。好きなことなら、始めてしまえば、どれだけでも成長できると思います。
デジタルデザインコース専攻 新垣 天姫さん
マンガデザインコース専攻 平井 麻理さん
最初は不慣れでも気づけば上達しているもの。楽しんだ方がより身につく。
入学当時は、デジタルに慣れていなくてイライラしながらペンタブレットを使っていましたが、キャラクターデザインの授業で、色の塗り方などを学び、今は少し使えるようになりました。デジタルでマンガを描く時の、コマ割りの仕方や名刺の作り方も学んでいます。初めてマンガ制作をしたときは、話を一から考えるのも楽しかったし、投稿した後に友達のマンガを見るのもすごく面白かったです。楽しんだ者勝ちなので、お互いに頑張っていきましょう!。
何事も経験として生きてくる。チャレンジすることが大切!
ファッションは好きですが、基本から勉強していたわけじゃないので勉強面では不安を感じていました。でも、I.D.Aは基礎からしっかり学び実践できる場面も多くあるので不安はすぐに吹き飛びました。修了制作やデザインコンペなど様々な授業がありましたが、ファッション科全員でVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を考え、それを実際に表現し、校舎の2階フロアに展示したことが一番の思い出です。みんなで協力しながら創り上げたことが楽しくて、達成感がありました。何事もチャレンジすることが大切だと感じました。
ファッションデザインコース専攻 城間 玲奈さん