MG

マンガ科

マンガ科 在校生の声

自分自身の努力次第で
可能性はいくらでも広がる

入学前はどんな思いでしたか?

自分に無い技術を身につけたくて入学しましたが、最初は本当にレベルアップできるか不安でした。入学後、先生や友達の作品を見て、自分に足りないものが沢山あり、その技術をここで学べると確信しました。一時は自分の作品に自信が持てなくなり、絵を描くことが嫌になりましたが、友達や先生のアドバイスのおかげで自分に自信が持てるようになりました。

頑張る後輩たちへメッセージ

夢を持って頑張ろう!

マンガ科
浦添工業高等学校出身小橋川 恵太さん

信念を持って続ければ
自分らしく乗り越えられる

入学前はどんな思いでしたか?

小・中・高校とは違う専門的な授業内容を理解できるのか、クラスメートと仲良くなれるのか等、始めは不安でした。ですが、先生達は親身になって指導してくれ、クラスメートとは共通の趣味や課題等を通して打ち解けていきました。
親は、絵を描いて生活できるのか不安だったようですが、自分の気持ちを正直に伝えた事で理解してくれました。

頑張る後輩たちへメッセージ

自分を信じて夢を叶えよう!

マンガ科
前原高等学校出身知念 莉奈さん

動いたら動いた分だけ
道が開ける

IDAで特に努力したことは?

就職活動の時期は、イベントには必ず名刺を持って行き自分を売り込みました。そして、思いついたものはどんどんアウトプットして見てもらいました。その中の一つのアニメが内定先の社長に気に入ってもらえて内定をいただきました。不安な気持ちはすごく分かりますが、まずは、動く事が大切だと思います。

マンガ科
沖縄工業高等学校出身太田 将人さん

失敗や反省の全てが
次の実践の糧になる

IDAで特に努力したことは?

私は普段から自分の作品を投稿したり、友達と東京に持ち込みに行ったりしました。売り込みたい出版社を探し、なるべく色んな出版社に足を運びました。 就職活動もマンガの持込みも緊張で上手くいかない場合が必ずあるので、事前に会社の事を調べてシミュレーションし、たくさん企業訪問して積極的に行動する努力をしています。

マンガ科
南風原高等学校出身長嶺 あゆみさん